Balkan Folk Music Discography

バルカン半島~黒海周辺地域の音楽と踊りを深掘りするブログ

【音源紹介】Karoun, Karoun (Armenia - Lebanon)

ブログ1周年記念の音楽紹介は、レバノン生まれのアルメニア人歌手 アディス・ハルマンディアンKaroun, Karoun(カルン、カルン)です。Garun(ガルン)とも言います。どちらも同じ「春」という意味です。

 


www.youtube.com

Karoun, Karoun

  • 作詞作曲:Anonym
  • 編曲  :Jacques Kodjian
  • 歌   :Adiss Harmandian
  • レーベル:Adisc Records, Lebanon, 1972

 

Karoun(またはKarun)とGarunの違いは、それぞれ西アルメニア語と東アルメニア語の発音および翻字法の違いです。アルメニア文字で書けばどちらもԳարունです。

Garoon(ガルーン)と書くケースも見られますが、英語表記的なんでしょうね。

 

東アルメニア語は現在のアルメニア共和国の公用語、すなわち普通にアルメニア語と呼ばれるものです。

一方西アルメニア語は、古代から主にアナトリア東部地域からシリア辺りに住んでいたアルメニア人の言葉です。

西アルメニア語の話者の多くは、19世紀から20世紀初頭にかけてオスマン帝国で起こったアルメニア人虐殺(ジェノサイド)を逃れ、ロシア、アメリカ、フランス、他周辺各国へと離散(ディアスポラ)しました。

 

アディス・ハルマンディアンは、ジェノサイドを逃れレバノンへやってきたアルメニア人難民家族のもと、1945年ベイルートで生まれました。

1972年にリリースしたKaroun, Karounは、主にアルメニア語で歌われており、レバノン、中東、そして離散したアルメニア人全体の間でのアイデンティティ形成に影響を与えた*1、とのことです。

 

Karun, Karun, Karun e
春、春、春です

Sirun, sirun, sirun e
可愛い、可愛い、可愛いです

Et k'o sev-sev ach'k'erov
その黒い黒い瞳で

Yar jan ints tu ayrum yes
愛しい人、あなたは私を燃やします

翻字(西アルメニア語)&和訳:Alagöz隊長

 

世界中に離散したアルメニア人にとっては、郷愁を誘う大切な歌の一つだったのでしょうね。■

 

\\面白かったら押してネ!//
にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ
にほんブログ村

【今回紹介した曲】

Karoun, Karoun

Karoun, Karoun

  • Adiss Harmandian
  • ワールド
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes